2018年度日本多読学会年会のご案内

2018/05/11作成

【日程・プログラム】
第1日目 8月4日(土)午後 「多読図書・洋書祭り」
  会場: 東京都新宿区SEGで開催。 https://www.seg.co.jp/tadoku/
  ・SEG多読教室見学(授業ではなく、ライブラリ見学)

  ・書店・代理店展示
  ・多読用図書・教材等の紹介セッション
  ・日本多読学会総会
  ・懇親会
  ※ 4日は一般の発表はありません。5日のみ行います。
 
第2日目  8月5日(日)10:30-16:00 特別招待講演・研究発表

会場: 東京都八王子市 東京工業高等専門学校 https://www.tokyo-ct.ac.jp/

  ・研究発表  11:00−12:10 (発表枠:20分又は45分の予定)
  ・昼休み   12:10−13:00
  ・特別招待講演 東京学芸大学 高山芳樹先生  13:00−13:50 
『多読・多聴の学習習慣形成を意図したラジオ番組
〜NHKラジオ『エンジョイ・シンプル・イングリッシュ』制作の舞台裏〜』
・研究発表  14:00−16:00  (発表枠:20分又は45分の予定)
   ・閉会
※研究発表の申込は締め切りました。
 詳細は、6月上旬までに発表します。


【参加申込】
準備が整い次第、追ってご案内いたします。

本年は1日目と2日目の場所を変え、展示・紹介と研究発表・講演を仕分けして、
それぞれの会場で集中して行うこととしました。2日目の会場となる東京高専は
都心から1時間ほど離れていますが、新宿始発の私鉄を使えばアクセスも良好です。
本年は特別招待講演者として、東京学芸大学教授の高山芳樹先生をお招きします。
高山芳樹先生は、英語教育学を専門とされ、近年では文部科学省委託事業である
英語教員の英語力・指導力に関わる調査研究に携わる他、NHK語学番組の制作など
にも関わっていらっしゃいます。特別講演ではそうした経験を踏まえた、多読教育に
関わる私たちにも興味深いお話が聴けることと存じます。
皆さまの奮ってのご参加をお待ちしています。(会長 竹田 恒美)