日本多読学会会則

第一章 総則

第1条 本会は日本多読学会と称し、英語名称を Japan Extensive Reading Association とする。

第二章 目的および事業


第2条 本会は世の中の人がだれでも外国語を使えるようになることをめざして、多読を中心とする外国語獲得の方法を研究し、その普及を計るものとする。またそのために、多読用図書の発掘、評価、開発、ならびに会員同士の親睦を深めることを目的とする。

第3条 本会はその目的を達成するために、次の事業を行う。
 (1)年会・新人セミナー・ワークショップ等の開催
 (2)紀要の発行
 (3)研究者の研究活動への支援
 (4)学習者の学習活動への支援
 (5)上記に関連するその他の事業

第三章 会員

第4条 本会は次の会員で構成される。
 (1)本会の目的に賛同する個人会員
 (2)本会の目的に賛同する団体会員
 (3)本会の目的に賛同する一般賛助会員
 (4)本会の目的に賛同する特別賛助会員
いずれも、入会にあたっては個人会員あるいは団体会員の責任者1名の推薦の上、役員会の承認を得るものとする。

第5条 会員は、次の場合その資格を失う。
 (1) 退会の希望を本会事務局に届け出たとき。
 (2) 会費を1年以上滞納したとき。
 (3) 本会の目的に反する行為、または本会の名誉を著しく傷つけたと役員会が全員一致で認めたとき。
 (4) 死亡したとき、あるいは法人が解散したとき。

第四章 役員等

第6条 本会に次の役員を置く。
 (1) 会長:1名
 (2) 事務局長:1名
 (3) 理事:若干名
 (4) 監事:1名
上記の他、必要に応じて名誉会長・顧問・副会長を置く。

第7条 本会の役員は役員会の承認を経て個人会員から選出する。但し、次の総会にて承認を得るものとする。

第8条 本会の役員は、本会の目的を達成するために尽力する。

第9条 役員の任期は1期2年とし、重任を妨げない。

第10条 役員会の召集・議決は次のとおり行う。
 (1)役員会は、事務局長が召集する。
 (2)役員会は、Mailing List で議決できる。

第11条 会則施行細則等、本会の運営に必要な細則は、役員会で定める。

第五章 会議等

第12条 総会は、会長、事務局長あるいは監事が召集する。総会の議決権は個人会員および団体会員の責任者のみが持つ。

第13条 本会における発言は会員に限る。但し、会議の議長の承認を得た者はその限りでない。

第六章 会計


第14条 本会の経費は、細則に定める会費、賛助金、その他の収入をもって充てる。

第15条 会計年度は毎年6月1日に始まり翌年の5月31日に終わる。

第16条 本会の収支決算は毎年会計年度終了後に作成し、監事の監査を経て毎年の定例総会に報
告し、承認を得なければならない。

第七章 補則

第17条 本会則の変更は必要に応じ役員会で行う。

第18条 本会の事務局は、新宿区西新宿7-19-19に置く。 

附則 本会則は、2012年10月7日に多読学会世話人会にて改訂され、翌日より施行する。



多読学会会則施行細則 (2014年2月27日改訂)


1 入会の際の紹介者
  個人会員・団体会員で紹介者がいない入会希望者については、役員が個別に連絡を
  とり、必要に応じて紹介者になるものとする。

2 会費の納入期限
  各会員は、1年分の会費の納入は、毎年4月末までに、翌会計年度の会費を一括で支
  払うものとする。新規入会の会員は、入会時にその年度の会費を一括で支払うも
  のとする。

3 個人会員の会費
  個人会員の会費は、年会費4,000円とする、

4 団体会員
団体会員は、本会の趣旨に賛同する団体(学校・企業・教室)とする。
  団体会員の会費は、1口年間10,000円とし、年払いとする。
  1口につき、1名が個人会員と同じ条件で、本会の主催する会合 に出席できる。


5 研究用図書の借出資格
多読 図書研究会費を支払った個人会員は、研究用の多読図書の貸出に応募できる。多読図
書研究会費は年額6,000円とする。また、団体会員も、研究用の多読図書の貸出に応募でき
  る。

6 一般賛助会員
  一般賛助会員の会費は、年12,000円とする。
  一般賛助会員は、次の権利をもつ。
  (1)1口につき1名の本会の主催する会合 への出席
  (2)語学に関する自社出版物のMLを利用とした情報提供(年1回以内)

7 特別賛助会員
  5口以上賛助会費を納入する一般賛助会員を特別賛助会員とする。
  特別賛助会員は、一般賛助会員の権利の他、次の権利をもつ。
  (1)本会の会合における優先的な出展
  (2)自社出版・取り扱いの多読用図書の会員への情報提供(年4回以内)
  (3)多読図書あるいは多読授業用図書の出版・販売に関する相談
  
8 会費の使途
  本会の会費は、多読授業研究用図書の購入費、紀要の発行、年会・ワークショップ・研究会・
講演会の費用、多読の効果研究のための費用にあてる。

9 研究発表
  研究発表は、年会での発表、新人セミナーでの発表、紀要での発表を主とする。

10 会費振込口座
  会費の振込口座は、東京都民銀行新宿支店 普通4051462 日本多読学会とする。

11 本細則は、2014年2月27日に多読学会理事会で改訂された。



事務局より補足:年会費は、税理士・公認会計士に問い合わせたところ、消費税の課税対象外とのことです